www.nationalnetworkinaction.org
大家族が少なくなる傾向にあり、核家族化という言葉があったかと思ったんですが、最近の独身率の上昇を聞くにつれ、さらに次の段階に進んでいるなという実感です。私も結婚したことがないのでよくわかるのです。核家族で3、4人という最小単位の家族が地域コミュニケーションの現象に繋がっているとのことですが、3、4人の家族どころか、結婚すらしない事例が、これから増えていくんだろうと思います。社会の構成要素が家族から個に移っていくという事態は、将来社会にどういった影響をおよぼすのでしょうか。インターネットの充実もかなり影響しているものと思われます。元来、結婚には性衝動に基づいた部分も少なくはなかったはずです。しかし、現在の情報過剰が性に限定することなく、あらゆる時間の使い方に影響していて、いままでの対人関係にあるわずらわしさを経験しなくてすんでしまうということに個へと変化していった原因があると思います。家族が個に解体された後には何が待っているのでしょうか。